離婚問題を弁護士に依頼するメリット


離婚したいと考えているなら、まずは弁護士に相談しましょう。何の対策もせずに離婚を急いでしまうと、離婚した後でトラブルを招いたり不利な条件をつきつけられる場合があります。特に離婚は慰謝料や財産分与などお金のトラブルが多いので、素人では判断できない部分が多々あります。

離婚後に後悔しないためにも、事前に弁護士に相談して最善策を考えるのが一番です。ただ弁護士を探す前に事前に離婚についての知識は蓄えたほうが良いです(※例えば離婚弁護士カフェ.com、ヤフーなどにも掲載されてる弁護士.comなどが良いでしょう)

また弁護士に相談すれば、離婚調停手続きを有利に進められるメリットを得られます。慰謝料や養育費など自分の希望する条件で解決したい場合、調停委員に自分の主張を正しく理解してもらう必要があります。

その際、経験豊富な弁護士にフォローしてもらえば、自分の言いたい主張を整理して調停委員に要点を的確に伝えてもらえます。自分の話す力に不安のある方や、有利に離婚調停手続きを進めたい人は、早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士と一緒に離婚問題を解決することには、取り返しのつかない失敗を防げるメリットもあります。離婚調停は判決と同じ効力があるため、離婚調停が一度成立してしまえば、後からその条件を変えることができなくなります。

でも、知識豊富な弁護士を最初からつけていれば、調停委員に強く説得されて不利な離婚条件を受け入れたり、条件の意味がよくわからないまま同意してしまう失敗を未然に防げます。

特に離婚を急いでいる場合、離婚までにかける時間をいかに短縮するかが大事な問題となります。その際に役立ってくれるのが弁護士です。最初から弁護士に依頼しておけば、自分で調停や書類の準備をする手間を省けるので、精神的不安や時間を大幅に減少できるとともに、気持ちに余裕を持って離婚調停に臨むことができます。

弁護士がついていれば、相手の主張や提案にその場で即座に対応できるので、調停回数を重ねて時間を無駄にすることもありません。

弁護士に離婚問題を依頼すると、裁判所外での証拠収集や事実調査など自分では獲得できない有利な証拠を得られる場合があります。

また、調停開始前の裁判所との連絡や調整なども弁護士が行ってくれるので、手間や時間を大幅に省けるとともに精神的負担から解放されて、気持ちに余裕を持って離婚問題に臨めるようになります。