不倫の証拠を集める方法と注意点

ポケットを見てみると

夫婦間のトラブルで多いとされる原因の一つがパートナーの別の異性との不倫です。不倫は離婚をする十分な理由にもなり、離婚裁判でも有利に話を進めることができます。とはいえ、疑わしいという疑惑だけでは裁判において法的な効力を持ちません。そのため法的効力を持つ証拠を集めることが必要になります。

まず最初に行うのが物的証拠集めです。やり方はパートナーが普段身に付けている洋服のポケットや持ち歩いている手帳、財布の中などを徹底的に探るのが基本的になります。この物的証拠は確実性があるのはもちろんのこと、素人でも比較的集めやすいのがメリットです。その反面、相手に証拠を見つけられたことが気付かれてしまうケースが多いというデメリットもあります。

次に有効となるのが情報収集です。携帯電話やネットの進化によって現在では誰しもがSNSを使って気軽に連絡を取り合える時代になっています。このSNSを不倫相手との連絡手段として活用している人も少なくありません。情報による証拠集めはこういったメールやLINEなどのメッセージのやり取りを調べる方法です。これは不倫相手の名前を知ることができるだけでなく、会話の内容を証拠として利用できるのがメリットと言えます。仮に名前がわからなくても会話の内容から行動を突き止めることが可能です。しかし、携帯やパソコンはセキュリティの観点からパスワード設定をしている人も多いため、こういった場合は不正アクセスによる法的侵害を問われてしまう可能性も否めません。

やっぱり現場

そのほかにも現場を記録するといった方法もあります。これはその名の通り、パートナーが不倫相手の自宅やホテルに一緒に出入りする瞬間を写真で撮影したり動画で会話も一緒に録音する証拠集めです。前述したSNSによる情報収集で相手の行き先を事前に調べておけば先回りすることができます。この記録は裁判で最も有効となる確実性のある証拠です。しかし、パートナーに気付かれないように行動して証拠として活用できるほど鮮明な撮影を行なうのは素人には難しいというデメリットもあります。
もしこれらの不倫の証拠を相手に気付かれないように集める自信がないという人は探偵など専門家への依頼がおすすめです。