真実を知るために入手したい!不倫の証拠集めは大きく3点!

どのように集めるか

不倫の証拠集めは、不倫しているかどうかの真実を知るための手がかりになります。けれども素人が一人で行うには技術面や時間面でも難しい場合が多いので、探偵などに依頼して行うことも多いでしょう。

まず不倫の証拠集めには大きく3点挙げることができます。物的証拠と情報と、そして現場の記録です。

まず物的証拠においては、素人でも比較的集めやすいと言えます。例えば不倫相手からもらったプレゼントや手紙、ラブホテルを使用した際のレシートなどがあるでしょう。慎重な人は不倫相手の存在が分かりそうな物はすべて捨てていますが、中にはうっかりズボンのポケットや車のサイドポケットなどに入れたままになっているかもしれません。使用済みの避妊器具などが見つかるケースも見られます。物的証拠は素人でも運が良ければ見つけることができます。

その次に情報としては、携帯やパソコンに残された不倫相手とのメールや着信履歴などが挙げられます。フェイスブックでのやり取りが残っていることもあります。けれども不正アクセス禁止法に基づき、パスワードの入力を行って相手のパソコンなどを勝手に見ることができません。素人で行う際は、法に触れないように気を付けなければいけないのです。見つからないように行うのもなかなか難しいでしょう。

現場が肝心

最後に挙げるのが、現場の記録集めです。これは実際に不倫相手と二人でラブホテルに出入りしている様子や密室でキスや行為中の写真などを集める方法です。写真のほかにも、行為中の声や不倫相手に愛を囁く会話などの録音も、証拠になります。

こうして集めた写真や録画テープは裁判では非常に有力な証拠品として認められますが、プロの探偵でなければ現場を押さえるというのは至難の業です。行動パターンや1週間のスケジュールなどを把握して、不倫相手と会いそうな時間に車などで待ち伏せしておく必要も出てきます。撮影に使うカメラや録音機器なども揃えなければいけませんし、機材に関する知識や技術も持っておかなければスムーズに記録ができません。

離婚や裁判を考えているのであれば、思い切って探偵事務所に相談し、できる限りの証拠と有力な現場の記録を集めてもらうことで労力も減り、裁判でも有利になると言えます。